« N2 SOHO商品2 航空VS海上の総流通経費分析 | トップページ | N4 SOHO商品4 研究発表広報作戦 »

2007年9月25日 (火)

N3 SOHO商品3 航空混載貨物理論

航空混載事業というのは、日本では昭和33年ごろよりスタートしており、国際航空貨物運賃は集荷重量段階ごとに運賃の割引率があり、これを利用した事業として、航空会社とは別の事業として、「国際利用航空運送事業」があり、運賃は運輸省の認可運賃である。混載貨物を集めて一つの貨物にすると運賃は重量が増加するにつれて、安い航空運賃が適用され、顧客から受け取った混載運賃と航空会社へ支払う運賃との間に、混載差益が発生する。 この混載差益は貨物を集荷した代理店に配分されるとき配分方法で混載パートナー間、同一営業所間で揉めることが多い。これの解決には業務研究が重要なことであると会社は認識し、 私の海外旅行から貨物部門への転勤には「航空混載差益の配分方法の研究」というのが特命事項であった。

分け方には関係者を説得できる理論が必要である。 混載とは何か、私のホームページにリンクして説明を行うことにする。

  航空混載貨物理論

  をクリックされたい。

 これは貨物を集めれば集めるほど利益が発生するため利益の

« N2 SOHO商品2 航空VS海上の総流通経費分析 | トップページ | N4 SOHO商品4 研究発表広報作戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443381/8101934

この記事へのトラックバック一覧です: N3 SOHO商品3 航空混載貨物理論:

« N2 SOHO商品2 航空VS海上の総流通経費分析 | トップページ | N4 SOHO商品4 研究発表広報作戦 »